« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ミディ・アプレミディ

関西お土産の中から
ミディ・アプレミディさんの栗のタルトをご紹介。
ミディ・アプレミディさんはそうです、
伝説?!のロールケーキで有名な津田さんのお店です。
2008111211
おいしそうに焼きこまれた数種類のタルトと
瓶に入ったクッキーを量り売りで購入できる様子。
会社のお土産に栗のタルトをホールで購入。
大き目の栗が入っていて幸せです。
キルフェボンみたいな果物てんこ盛りのタルトもいいけど
こういう焼きこまれたタイプも好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つばめ

東京へ帰る日の午後は一乗寺で過ごすことに。
恵文社さんへ行く前にまずは腹ごしらえ。
つばめさんへ。

入った瞬間に、ここ好き!と思ってしまう、
ゆるやかな空気ににっこり。
今日の定食を。
かぼちゃのミートグラタン。
ゴーヤーと大根のゴマ和え。
胚芽米 味噌汁 漬物。
Osaka7
正しくおいしく毎日こんな風に心穏やかに
お昼ごはんがいただけたらと思いました。
キッチンの様子をちらちら伺いながら
今回の関西出張を反芻。
あぁ本当に楽しかった。
食後は美山で焙煎しているオオヤさんの
美山コーヒーを入れてもらいました。
最後までぐっと来ちゃう。
パラティッシのブラックでやってきたおいしいコーヒーに
心もおなかも満たされました。
2008111214
京都に暮らしたい、
もう何度そう思ったかわかりません。
つばめさんでご飯を頂き、恵文社さんで本を選び
また強く思いました。
京都には私が求めている生活のリズムと
時の流れがあるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よーじやカフェ

前に一緒に働いていたかわいこちゃんも
偶然にも同じ時期に関西に。
メールによーじやカフェ気になるよと書いてあって
立寄るか迷っていたよーじやカフェに私やっぱり入店。
これこれカプチーノいただきたかったの。
2008111212
本当は抹茶カプチーノ求めて限定店舗に行きたかったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノダコーヒ

私京都にきたらイノダコーヒさんははずせません。
でもいつも予定を入れすぎるから本店にはいけず
到着してすぐとか帰る間際とかに駅前地下店に駆け込みます。
今回はお宿が駅から歩けるところだったので
ルンルンでモーニング珈琲をいただきにまいりました。
ここにくるとはじめての一人の京都とか
2度目の一人の京都とか
3度目の一人の京都とか・・・
誰かと一緒の京都とか色んな京都を思い出します。
Osaka4
初めてエクストラをいただきました。
あら、真珠以外も結構好みかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一保堂 嘉木

京都のあちこちを徘徊。
ヌマ伯父さんが本に出していた陶器屋さんへ。
水玉のふたつきお茶碗をかってご機嫌です。
お店のおばあちゃんがまたステキでした。
うちのおばあちゃんは元気かな~。

京都訪問中は必ず行きたくなる一保堂の嘉木さんへ。
平日限定の濃茶セットをいただきました。
濃茶とほうじ茶のセット、もちろんお菓子つき。
店員さんとお話していたら濃茶のあとに
薄茶も入れていただけるそうで、得した気分。
Osaka5 Osaka6_2 2008111215

のんびり時間をかけて
濃茶→薄茶→ほうじ茶をいただきました。
豊年というお菓子もおいしゅうございました。
お抹茶大好きだけどきちんと習ったことがないので
お作法もいまいち。
でもお茶はおいしく。それがルール。といって
気軽にいただける嘉木さんが大好きです。
お土産にはのんでみたかった紅茶を買いました。

帰りは寺町をブラブラ。
梶井さんの檸檬がすきだから、八百卯さんのパーラーへ
いそいそお邪魔したこともあったっけ。
檸檬シールをもらっていちごパフェを食べてご機嫌でした。
そんなことを思って頭上を見上げたら
八百卯さん看板葡萄なんだもの、またよりたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PATISSERIE KANAE

行ってみたかった小林かなえさんのお店へも行ってきました。
繁華街から路地に入るとすぐにピンク色のかわいいお店。
イートインもあるんだけど今回はテイクアウトで我慢。
ケーキも食べたいけど気になっていたマカロンを3種類。
タルトタタンにきな粉にヴァニラ。
和素材のマカロンが面白い。
これがなかなか作れないのよね~とお宿でしげしげ見つめながら
いただきました。
Osaka3
今日大きな花束をいただきました。
ありがとうございます。
珍しくとてつもなく不安定な日々をすごしていましたが、
少し癒されました。
まだまだまだまだお腹の痛い日々が続きそうだけど
いつかこのトンネルを脱出できるだろうか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

六曜社 地下

のんびりおけいはんで京都へ到着。
久々の京都うれしいな~。
鴨川を眺めて気分も新たに京都ツアー。
ささ、京都でも喫茶店へ。
まずは三条の六曜社さんへ。
Osaka2
ここでも当然ドーナツ!
平岡さんよりオールドファッション的なこちら。
ガラスケースにつみあがった姿もかわいらしい。
珈琲はすっきりと美味しく大満足。
透き通る珈琲の美しさに感激。
店内に充満する珈琲の香りがたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪名品喫茶 大大阪

古いビルが好き。
涙をのんで見送った日比谷の三信ビル。
ビルはそこになくても私はあのビルが
あそこに存在していたことを生涯きっと忘れない。

大阪の古いビルへ。
来年には取り壊されるらしい中之島のダイビルへ。
古いビルの生きてる空気が大好き。
外観をのんびり眺めて、
中之島の歴史に思いを馳せたあとは大大阪さんへ。
サイフォンコーヒーをいただきました。
2008111216
こちらダイビルが取り壊されるまで限定でやっている喫茶店。
大阪名品を購入できるのも嬉しいです。
リーガロイヤルにも泊まってみたいし中之島お気に入りです。
新しい電車も出来るみたいだし、おけいはんにもすぐにのれるし。
大阪に別れを告げて、さぁ大好きな京都へ出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fujiya

2日目唯一のお仕事郵便物の投函をすませて
fujiyaさんへ。
スペイン料理の方へ一人で入る勇気はさすがになかったので
洋食屋さんの方へ。
こちらのお店もう有名ですね。
洋食屋さんは歴史あるお店、息子さんは美味しいスペイン料理
をだすステキレストランをやっておられます。
美食の王様がご紹介している美味しいお店なんですよ。
Osaka1
なんと大人気行列が出来ておりました。
一人のためすぐに入店できましたけど。
揚げ物なんかも気になりましたが
食べたかったビーフカレーを注文。
サラダ付き。
カウンター席だったのでサラダを作るところが
よく見えました。
ランチサラダにもお刺身が一切れいれられて嬉しいです。
きちんと塩コショウにさらにドレッシング。
丁寧な仕事っぷりに否応無しにカレーにも期待が膨らみます。
やってきたカレーはいかにもいかにも美味しそうな香り。
一口食べればもうにっこり。
豊かな味が口いっぱいに広がる、これぞ洋食屋さんのカレー。
贅沢なカレーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケウチ

公園の前に警備員さん。
タケウチさんの人気が伺える警備員配置。
とりあえず並ばず入店できて一安心。
どうしても行きたかったブランジュリタケウチさんへ。
お店に入った瞬間テンションがあがるステキなパン屋さん。
またまた大興奮です。
ぎっしりと並ぶ美味しそうなパンの数々に
目移りしちゃいました。
すぐそこにキッチンがあってその熱気さえ美味しそうに思えます。
Osaka9
クリームパンとレーズンパンとブルーベリージャムタルトを購入。
レーズンパンはずいぶん不思議な形をしておりました。
きってもきってもレーズンが出てきて幸せ。
タケウチさんの美味しいパンの秘密は最近発売された
「どこにもないパンの考え方」という本にかかれております。
立ち読みしただけだけどとってもステキなパン本でした。
読んだらすぐにタケウチさんにまたいきたくなりました。

超残業生活を乗り越えて、
決算賞与をいただきました。
ナイスタイミング。
なかなかのお値段でちょっと迷っていた
ろみさんのケーキレッスン3回講座、申し込みました。
楽しみがないと生きていられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PAINDUCE

なかなか更新できなくてすみません。
思いがけずとてつもなく衝撃的なことがありました。
私は皆さんが思っているような人間ではありません!
と大声できっぱり叫んでどこか遠くへ行ってしまいたい。

気を取り直して大阪ツアーの続きを。
そうそう写真データを整理するのがいまはとても億劫なので
写真はあとでまとめてどーんとだしますね。

小道のそこかしこにコーヒー&teaみたいなお店がたくさんでうきうき
本町あたりを徘徊。
お昼前でお外でお弁当を売っているお店もたくさん。
魅惑的です。
お目当てはPAINDUCEさん。コムシノワの西川さん系のお店とのこと。
ジャムに甘いパンに魅惑的な惣菜パンの数々。
大阪パン屋さんのレベルの高さに呆然。
こんなパン屋さんが会社の近くにあったらご機嫌だな。
とりあえず旅中でそんなに買えないからベーグルと
レモンクリームパンを購入。
さわやかレモンクリームが美味しかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »