« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

マックグリドル

巧みな広告戦略?にやられて食べたかったもの。
マックグリドル。
調べてみたらバンズがメープルシロップ使用のパンケーキ。
これは食べなくちゃってことでひっさびさの朝マック。
20071181
これ、私好きです。
ふわあまのパンケーキで朝からご機嫌。
朝マックの普通のパンケーキもお気に入りだったけど、
ソーセージやベーコンも食べられてしっかりご飯でうれしいです。
ジャンク万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

だだちゃ一服

いただきものの美味しいおやつ。
山形県鶴岡の住吉屋菓子舗さんのお菓子。
だだちゃ一服まんとだだちゃ一服パイ。
どちらもだだちゃ豆の香りや味を存分に楽しめるお菓子でした。
20071282
鶴岡といえば、ずーっと行きたいと思っている”湯どの庵”があるところ。
温泉に入って、湯上りにだだちゃ豆の塩茹ででも食べたいです。
そして気がつけば湯どの庵、溜池山王に和食屋さんを出したのですね。
霞ヶ関、虎ノ門勤務の皆さん、ランチご一緒してください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

レモンクッキー

鎌倉の友人宅へ。
予定の時間より早く鎌倉に着いたので鶴岡八幡宮にお参りに。
まだまだ初詣客がいっぱいでした。
お参りが終わっても時間があるので大好きなジャム屋さんへ。

結局ジャムは買わず買ったのはBiscuitierさんのレモンクッキー。
シンプルなクッキーにレモンが香る砂糖衣がひとぬりされています。
ろみさんのブログによるとこのサブレに塗っているのは、
グラスアローというみたい。
さくさくサブレお気に入り。
20071171
すっかり甘酸っぱいレモンの砂糖衣のとりこです。
久々にレモンアイシングたっぷりのレモンケーキでも焼こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かまはち 冬の温かセット

青山で杉浦さやかさんの絵をみて、ご飯でも食べようと
某お茶カフェに向かって歩いていたのだけど。
表に出ていたランチメニューが美味しそうだったので、
青山かまはちさんへ急きょ予定変更に。
かまはちさんスパイラルのすぐそばの地下にあります。
豊後水道直送の魚と豆腐料理が楽しめるお店です。
お店の半分は大きなテーブルが占めており、一人ランチにもばっちり対応。
そのほかにいくつかテーブル席があります。

20071144

冬の温かセット(温かランチだったかも)を注文。
お昼から欲張りの温かセット。
うどん、寒ブリ丼(ミニ)、湯豆腐、さばの塩焼き。
お魚、お豆腐好きには大変うれしいお昼ご飯でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅虎軒

自由が丘で夜ご飯。
久々に訪れたのは行けば何か食べたいメニューがある、
おなじみ際さんの紅虎軒。
鉄鍋餃子がはやりにはやっていた学生時代から、何度もお世話になっている
紅虎餃子房の新?形態のお店でしょうか。
餃子房より一品料理が多いとか。

2007188

中華の鍋が各種ありました。
これは水餃子の鍋。
しめは雑炊にしました。
デザートはマンゴープリンを。
杏仁豆腐の上にマンゴープリンとマンゴーソースで嬉しいデザートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田土産

今年の秋田土産はこんなかんじ。
東北限定のずんだプリッツとパンプキンパイ。
20071142
この大潟村のパンプキンパイ、
とんねるずの食わず嫌いでオセロの松嶋さんがお土産で紹介してくれたようです。
小さいころから食べているおなじみの味。おいしいです。
パンプキンパイの仲間のくろまめパイもあります。
そちらは会社のお土産に。好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンバセーションズ

ラデュレのケーキがスクリーンを飾るらしい、
「マリー・アントワネット」が見たい今日この頃。
新年初の映画はカンバセーションズとなりました。

20070111009fl00009viewrsz150x

ウエディングパーティーで10年ぶりに再開する30台後半の元カップルの物語。
この映画デュアルフレームムービーなんです。
えーっと、簡単に言うとずーっと画面が2分割。
うまく書けませんが、
スクリーンの半分は彼の視界、半分は彼女の視界だったりします。
彼と彼女、現在と過去、現実と願望・・・などなど次々同時に表現されるのです。
なんとも不思議な感覚、おもしろいです。
ただ、仕事帰りの疲れた私には二つを同時に目で捉えるのはなかなかハードでした。
元気なときにもう一度見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋田で大興奮

山の恵みと海の幸、どちらも存分に味わえる故郷秋田。
秋田人の普段の食生生活を垣間見てもらえるおすすめの本は、
堀井和子さんの「北東北のシンプルをあつめにいく」です。

その本で知ったのが秋田市民市場のすぐ近く、
雑穀の総合問屋 鈴和商店さん。
上記の本でみてわかっていたけどお店の姿に大興奮。
杉串と炭を使って焼き上げるきりたんぽの機械に大注目。
写真奥の白いもの、ぜーんぶきりたんぽです。
お店の方はご飯を食べる暇も惜しんで焼き上げてくださっているのか、
作業場の奥に大きな薬缶とご飯の準備がありました。
きりたんぽの美味しい季節ですものね。大忙しです。
2007187
お目当てはこれこれお豆たち。
様々な色のお豆が木箱に並ぶ姿にわくわく。
木の枡で1合からの量り売り。
じょうごを使って手際よくビニール袋に詰めてくださいます。
祖母が探していた大きな白いお豆もここにありました。
量り売り大好き。
そしてもちろんきりたんぽとだまこ餅も購入しました。
あつあつのお鍋で頂くのがとっても楽しみ。
ついでに出来上がっているつぶあんも買ってみました。
20071141
次回の帰省時は秋田市民の台所、市民市場ものぞこうっと。
市民市場のまわり、まだまだ懐かしい風情の商店や食堂が残っていて
路地を覗くたびに歓声をあげる私。
食いしん坊、私の原点はまぎれもなくここ秋田だ、と改めて再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家土産

実家へのお土産には毎回頭を悩ませております。
親戚を含めた配布菓子は今回は銀座清月堂さんの
おとし文とあずま銀座というお菓子の詰め合わせ。
味見間に合わず。実家分は母完食済み・・・。
2007184
写真はエキュート品川のバズサーチというお店のいちごのロールケーキと
定番ルコントのプチマドレーヌ。
バズサーチさんは初購入。
ホールケーキ用のメッセージプレートがおしゃれで目を引きました。
お土産好適品のケーキがそろっているこちらのお店、
グラマシーニューヨークやキースマンハッタンと
同じ会社の経営ということで納得です。
エキュート品川では他に満さんのパンを買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリオッシュ

今回の帰省はてづくり三昧。
これはブリオッシュ。
本の雰囲気が大好きなお料理研究家、松長絵菜さんのレシピです。
塩の分量を間違えたらしく家族にも不評でした。
ゆるゆる生地、頑張ったのに。
2007186
下に敷いた布はミシンでちくちく作成した巾着袋。
2月に結婚する友人のリングピローを頼まれていたので
布やレースを持ち帰って手芸に励んだ秋田生活。
ちなみにリングピロー、たくさんレースを使い、
裏面のLOVEの刺繍もうまくゆき自画自賛の出来栄えでした。
結婚式が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

無限堂

秋田といえば稲庭うどんでしょうか?
駅前に無限堂さんの新しいお店が出来ていたので、
母とお昼ご飯を食べに寄ってみました。
2006187
大正ロマン?オランダ商館がテーマのちょっと不思議な店内で
頂くのはもちろん稲庭うどん。
私は舞茸うどん。
舞茸のてんぷらたっぷりに大きな器で稲庭うどんがつきます。
薬味にねぎと岩海苔がつくのが嬉しいです。
秋田名物、いぶりがっこもついてきます。
母はお隣の田沼屋慶吉というお店のブリ吟醸つけやきが付く定食を。
もちろんお供には稲庭うどんをチョイスしていました。
お店の内装のテーマが観光客の皆さまへのアピールとしては
どうかと思う元秋田県民。
無限堂さんへいくなら大町店がおすすめです。
(と言っても、10年ぐらい行ってませんが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャムマフィン

2007年てづくりはじめはジャムマフィン。
いちごジャム入とマーマレード入を。
私ハンドミキサーを持っていないのです。
自宅でお菓子を作るときは泡だて器で地道に泡立てます。
楽しくもあり、スポンジなんかを焼くときは苦行でもある泡立て作業。
年々体力も衰えているのか時間もかかるし。

2007185

このジャムマフィンは母の持っていた栗原はるみさんレシピ。
妹のハンドミキサーを使いました。
簡単、あっという間の泡立てに目覚めちゃった。
そんなわけでハンドミキサーをGETして実家より戻ってまいりました。
今年はがんがん手作りに励もうと思います。
これでスポンジケーキもらくらく製作です、ぐふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

山口製菓 あんドーナツ

年末年始の秋田ネタ、書いていませんでした。
実家の近所のスーパーで買ったのは山口製菓さんのあんドーナツ。
都内のスーパーでも売っているところもあるし
Dynamic Kitchen & Bar 響の数店でも食べられるようです。
山口製菓さんはプリンなども作っている秋田の製菓店です。
2007182 2007183
スーパーのパン売り場の一番下の段に怪しく山積みのあんドーナツ。
母にそんなの買うの?と聞かれるぐらいの怪しさです。
レトロな袋がお好みですが、袋にびっしりついている油に
食いしん坊な私も一瞬躊躇します。
地下水で練り上げたおいしいこしあんを職人さんが手で包んでいるそうです。
あんこがドーナツ生地の中にびっしり。
子供のころ食べた記憶はないんだけれどどこか懐かしい美味しさです。
つかんだ指がてかてか光る油なんて忘れちゃう、
口の中ですーっととけていくようなあんこがたまりません。
癖になりました。
帰省中にいくつ食べたかは内緒です(とても発表できない・・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フクナガ いちごパフェ

今年も食べます、おいしいパフェ!
2007初パフェを食べに向かうはもちろん四谷三丁目のフクナガさん。
お目当てはこれです。
20071172
おまちかねのいちごパフェ~。
そしてやっぱりいちごは特別なのか、
パフェ以外にもいちごメニューが盛りだくさん。
サンドとかヨーグルトとかサンデーとかもうもう魅惑的。
いちごパフェは2種類のいちご(あまおうととちおとめ、確か)がふんだんに。
春の足音が聞こえてきそうなうきうきパフェでございました。
200711731_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合羽橋珈琲 モーニング

最近お菓子作りとパン作りに夢中らしい・・・妹さまへの帰省土産は、
この際道具にしちゃおうと思って合羽橋へ。
天気も良いし朝から行こう!というわけでまずは腹ごしらえ。
合羽橋珈琲でモーニング。
200612232
古い建物を再生した喫茶店。古い木材の柱や梁の色が目に嬉しい。
かりっと焼かれてバターが塗られた厚切りトースト。
サラダ、ソーセージ、ゆで卵。お供は本日の珈琲で。
のんびり栄養補給の朝でございます。いざ、買い物へ。

この日12月の祝日でした。祝日お休みのペリカンへは寄れず。
ばたばたとお買い物をして、浅草在住のお友達にも連絡できず。
心残りです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

御菓子処さゝま 松葉最中

神保町にあるささまさん。
わかりやすいところにありながら暖簾がかかって、
季節のお花とお菓子が飾られたステキな店構え。

お菓子屋さんのひもが好きです。ロールになっているあれです。
お店の方がそれを引いて、手際よくお菓子を包むしぐさにみとれちゃう。
こちらでもそんな素敵な包技が見られます。
(ちなみに外国でシュー1個でも、三角に包んでくれるのもとても好き)

2006122005

名物、松葉最中。
自宅用はダイレクトに白い袋へ。
できたてみたいで嬉しくて、帰り道の信号待ちで食べたい衝動にかられます。
この美味しさで銀座の空也さんよりうんと買い易いのもありがたい。
生菓子も素敵ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もつ鍋の会

お料理教室仲間ともつ鍋の会。
恵比寿や代官山にある蟻月のもつ鍋をお取り寄せしました。
赤とか金とかあるのですが今日は白の味噌味です。
20071143
至れり尽くせりのセット。
もつ入りのスープとキャベツ、ごぼう、にら、にんんくすりおろし、
唐辛子、ごま、ごま油、ちゃんぽん麺。
もう鍋に入れて温めるだけ。
おいしい、おいしい。
お取り寄せ、お勧めです。
ここで覚えた餃子の皮でふたもやってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

丸香

お腹にやさしいお昼ご飯を求めて、神保町の丸香。
(年末年始の暴飲暴食の気休めに・・・)
私、讃岐うどんには全く詳しくないのですが、
どうもこちらのお店は讃岐の有名店で働いていた方がやっているようです。
12時少し過ぎにうどんと書かれた暖簾をくぐったところ既に満席大人気。
回転が早いのであっという間に座れました。

2006122001

本日は月見。450円。
讃岐でうどんはとても安いと聞きますが、東京でこの価格ならもう嬉しいです。
おだしとうどんとねぎとたまご。希望通りのお腹にやさしい昼食となりました。
ランチが終わると注文できるらしいカレーうどんも食べてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上島珈琲店 胡麻ミルク珈琲

12月のある日、自由ヶ丘をお散歩していると
たしか本屋さんだった場所に上島珈琲店を発見しました。
出来たばっかりのお店は落ち着かないからなぁと素通りしようと思ったら・・・。
メニューに金胡麻を使った胡麻ミルク珈琲を発見。
バン教室の胡麻ベーグルに使った、先生おすすめの美味しい胡麻、金胡麻。
きっと飲み物になっても美味しいに違いないということで早速入店しました。

200612172

チェーン店ですがなかなかステキな店内です。
禁煙席と喫煙席を隔てるガラスの木枠の部分がすごく好み。
そしてなんと椅子やカップ、カトラリーが柳宗理さんの作品でこれまた嬉しい。
胡麻ミルク珈琲は胡麻が香ばしくほんのり甘くこっくりとしていて、
寒い日の夕方にぴったりでした。
今度はシンプルなミルク珈琲を飲みに行こう。
上島珈琲店のミルク珈琲はダブルネルドリップコーヒー2:ミルク8。
牛乳好き、とても気になります。

自由ヶ丘お茶スポットが増えております。
ブックオフ2階もカフェだし、
飲みどころだったはずの駅前の集も珈琲茶館 集に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANA FESTA 魚米処 旬

年末の帰省ラッシュはずらしたものの、やはり混んでた師走の羽田。
今年はラウンジでのんびり~なんて思っていたけど空腹に気づいてしまったので・・・。
昼食を食べによったのはANA FESTA 魚米処 旬さん。
魚米処=うまいところと読ませるのが面白いですね。
焼き魚定食にも心惹かれましたが焼き魚は秋田でも食べそうなのでしらす丼。
おいしいご飯の上にたっぷりのしらす。
お供のきんぴらと白菜漬けもうれしく満足ランチとなりました。
2007181
今回からチケットいらずのANAのスキップ機能をつかってみました。
直接手荷物検査のブースに並んで、
そこで一度マイレージカードか携帯を読み込ませます。
そしてもう一度登場前のゲートで読み込ませるだけ。
どうもあまり普及していないようでしたが楽チンですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たいやき ひいらぎ

恵比寿の新しいたいやき屋さん、ひいらぎさんへ。
寒い季節はあつあつあんこがたまりません。
こちらのたいやき30分以上かけてやいているそうなのです。
200612182
2,3分待って焼き立てを頂きました。
200612181_1
確かに30分焼くだけあって表面がパリパリ、かりかり。
この食感、めずらしいかも。
中は甘さひかえめのあんこがぎっしりでございます。
こちら姫路からやってきたたいやき屋さんのようです。
たいやき食べて、ラーメンが食べたい。
そんな欲望を抑えて友達と次の用事へむかいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近江屋 

近江屋さんにはいつも数種類のショートケーキがあります。
2006122002
魅惑のショーケースはこんな感じ。
本日は決めてきました。いちごサンドショートを6個買います。
(1人分ではありません、念のため)
どんな箱だろうとわくわくしていたら折畳式ではない
シンプルな箱。そしてファンシーケーキの文字。
この箱をおなじみの包装紙で包んで青いひも。かわいらしい。
2006122003
肝心のケーキ。
この日サンドショート上にはいちごとパイン。
パインってどうなの~と最初思ったのだけど。
意外や意外あまーいパインはショートと好相性。
上の大粒いちごとサンドされた小粒いちごは甘さが違ってこれまた楽しめます。
薄めのスポンジとシンプルな生クリームが嬉しいです。
小さくても丸いケーキを1人1つ食べるわくわく感と
背徳な雰囲気(大げさ!)がたまりません。
幸せです。
2006122004 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスピークリームドーナツ

友人夫妻(主にだんな様)の1時間20分待ちのおすそ分けを頂戴しました。
念願のクリスピークリームドーナツ。
200612231 
レンジで8秒間温めて食べるようにとお手紙付き。
こんな風に写真をとっているのももどかしい。
レンズ越しにふわんと漂うあまーい香り。
急いでチンしていただきました。
ふわふわであまくって評判通り美味しい。
思っていたより軽いかんじであっというまに1個食べちゃう。
工場みたいな作る過程の見えるお店もみたいし、
他の種類のドーナツも気になる。
寒空の下気合を入れて並ぶしかないでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちもと 和菓子セット

カシューナッツのはいった八雲もちが有名なちもとさんの喫茶コーナーへ。
目黒通り沿いにありながらとっても落ち着く和風の佇まいが印象的なお店。
おしること迷ったけれど・・・。
ガラスケースの中の椿姫、ピンクでまあるく愛らしい姿にひかれました。
お抹茶と共に。中は白あんで見た目同様やさしいお味でした。
200612164
夏にはカキ氷をやっていらっしゃいます。
なかなかチャンスがなくて食べていないんだけど次の夏こそは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹風堂の栗おこわ

栗おこわといえば竹風堂、とにかく美味しいと聞いたのは数年前。
食いしん坊しっかり覚えておりました。
お店には奥に食べられるスペースもありましたが帰りのあずさで食べたい!
そんなわけで柳ごうりの栗強飯を購入しました。
2006121315 2006121316
店頭で注文するとあつあつを詰めてくれます。
甘くてホクホクの栗ともち米がたまりません。
栗強飯のお供は長野と言えばこれも忘れたくない野沢菜のおやき。
デザートはりんごジュースで。
食べておしゃべりして一眠りしてあっという間に新宿到着。
今回も盛りだくさんの楽しい食いしん坊旅行。
日本アルプスは大きくて、信州の空気は澄んでいて、何度も何度も深呼吸をしました。
今年はどこに行こうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喫茶まるも

慶応4年創業の旅館まるもさん。
今の建物は明治21年のものとのこと。いい雰囲気に魅了されました。
1泊朝食付き6000円、泊まってみたいです。
本日のお目当ては旅館に併設、昭和31年からやっているという珈琲まるもさん。
2006121312
カフェオレとハニートースト、友達はりんごのタルト。
はちみつとくるみが病みつきになりそうなトーストでした。
くるみは一緒に焼くのかしら?お家でもやってみたい。
のんびりゆったり旅をしめくくり・・・、
と思ったけれどまだ行ってない気になるお店があったことを思い出しました。
雅姫さんも訪れていたかご専門店。
結構歩いたけど見てないねというわけでお店の方に聞いてみました。
親切に地図も頂いて無事到着。
松本は雑貨好きにとってわくわくの街。
もちろん陶片木とか伊原漆器専門店とかギャルリ灰月とかめぐってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小松パン

こばやしさんへむかおうと路地を曲がったらなんだか大好きないい香り。
・・・ふらふらと小松パン屋さんへ。
入ってみて大正解、大興奮。
こちら松本で初めてのパン屋さん?大正時代からあるらしいのです。
懐かしいパンからシナモンロールやサンドなど色んなパンがあるんです。
2006121317 2006121318
すっかり忘れてましたが昔ネットで見て気になっていたような・・・。
気になっていたのはこれこれ牛乳パン。
牛乳クリーム、もりもりたっぷりです。
うゎーやばいねこのクリームの量は、と思うんだけれど、
ペロリと頂きました(数日にわけて)。
ビニール袋もいいかんじ。
もう一つの購入はコッペパン。
そしてこちらのお店ジャムバタとかアンバタとか挟んでくれちゃうんです。
まよった末にアンバタに。
あぁわくわくのレトロパン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そば処 こばやし

1日目の浅田さんで信州そばのとりこになった私たち。
日差しがあると少し温かいけれどしばらく歩くと芯から冷える12月の松本。
温かいそばをもとめて駆け込んだのはこばやしさん。
店内奥はガラス張りでそば打ちの様子が見えるようになっていて魅惑的。
またふらりと寄りましたがどうやら支店もある超有名店のようです。
2006121311
しっぽくそばを注文。
しいたけ、玉子焼き、かまぼこ、焼き麩、鶏肉、葱等具沢山。
具の下にはもちろん美味しい手打ちそば。
こちらは一九そばとのことでした。
お店の方が寒い?と聞いてくれたので外は寒いですけど
そばであたたまりましたと答えたのですが。
これ使ってねとひざ掛けを貸して頂きました。
そしてレジでのお見送りの言葉はいってらっしゃい、です。
すっかり温まってお店をあとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリの5月

昨日ご紹介した開運堂さんにはパリの5月という洋菓子部門があります。
ここで気になるお菓子は白鳥の湖。
2006121319
写真だといまいち見えないでしょうか。
箱に白鳥ちゃん。
薄紙袋のシールにも白鳥ちゃん(水色だけど)。
そしてポルボローネにももちろん白鳥ちゃん。
ラブリーです。
大好きポルボローネ。こちらのはより落雁に近いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開運堂

1月2日、早速松本ネタに戻ります。
楽しみにしていたお菓子屋さん開運堂。
ソフトクリームの無人マシーンにちょっとひかれたけど寒くて断念。

お土産用に、袋がかわいいピケニケ。
遠足にももっていける個別包装のカステラです。
200612171
そしてこちらは夢ごろも。
2006121504 20061215051
毎月10日と25日だけの限定販売とのお知らせに飛びついてしまいました。
めずらしい紅餡です。白餡に着色料でこの色を作っているようです。
外側のぽこぽこした感じもめずらしい。
思っていたより結構甘めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年!

あけましておめでとうございます。
私、ただいま秋田にいます。

200711

ジャムカルネをいつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。
おかげさまで1年以上無事に食いしん坊生活を披露させて頂いております。

いつも一緒に食卓を囲んで頂いている皆様、ありがとうございます。
ともに美味しい物を食べ笑いあえる皆様がいるから、
このジャムカルネがあり、そして私が生きています。

2007年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もまたたくさんの美味しい物に出会えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »