« 教室のお食事 | トップページ | ブルーリボン »

日本酒と料理 横尾

今年もお鍋の季節到来。
お鍋といえばきりたんぽ。
吉祥寺の日本酒と料理 横尾へむかいました。
吉祥寺の雑踏が嘘みたいな、落ち着く小さな店内。
秋田県の農業法人協会のアドバイザーなどをつとめた方のお店で
日本酒もお料理の食材もあちこちに秋田が感じられます。
日本酒に至っては私はほとんど知らない銘柄ばかりでしたけど。

メニューは入荷次第なのか日付入りの手書きのものでした。
カウンターで奥武蔵の梅酒をちびちび頂きつつお料理スタート。
200611123
お通しの菊花の酢のものが秋田の食卓を思い出します。
お野菜のメニューが盛りだくさん。
横尾名物らしい山芋の磯部揚げがお気に入り。
ふんわり少しもっちりのあつあつ山芋をわさびとお塩で頂きました。
山芋のすりおろしをのりにこんもりのっけてじっくり揚げているみたい。
簡単そうなのでお家でもやってみようっと。
加賀野菜五郎島金時(さつまいも)のてんぷらもじんわりおいしゅうございました。
200611124 200611125
おまちかねのきりたんぽ。
テーブルの上に手ぬぐいが置かれステキなお鍋がやってきました。
湯気と一緒に漂う香りがもう秋田。
20061126
鶏のおだしにお醤油味、比内地鶏とごぼう、せり、まいたけ、ねぎ、そしてきりたんぽ。
限りなく実家で食べているものに近く秋田っこも納得のきりたんぽ鍋。
実家ではきりたんぽ鍋でしめに雑炊やうどんはやらないので頼みませんでしたが
きりたんぽ鍋のしめに雑炊をお願いすることも出来るそうです。

横尾さんショップカードが各種あるのですがその中の一つ。
一升瓶に”人生”とかかれていて20代~50代までそれぞれ矢印がついています。
これでも最近ちょっと仕事のこととか色々思うことがありましたが、
そうなんですね私の人生まだまだ一升瓶の(かなり?)上のあたり。
ちょっと元気になるカードを頂いて、お腹も心も温かく吉祥寺を後にしました。
ちなみに隣のぽち袋は予約の際の電話代を頂いたものです。
200611127

|

« 教室のお食事 | トップページ | ブルーリボン »

「おいしいごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/4152062

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒と料理 横尾:

« 教室のお食事 | トップページ | ブルーリボン »