« 白玉屋新三郎 黒胡麻 | トップページ | りんごのしっとりケーキと生春巻きのそば寿司 »

蘇州林 長崎ちゃんぽん

九州物産展に到着したのはお昼過ぎ。
お昼ご飯に蘇州林で長崎ちゃんぽんをいただくことに。

2006042002
小麦粉をかんすいではなく唐灰汁でこねるちゃんぽん麺。
たくさんの具材がうれしく、独特の食感の麺と鶏がらスープがよく絡んでいます。
あつあつでしたがあっという間に食べちゃいました。
温泉もあるし九州行きたい!

子供の頃家族で毎週のように通ったちゃんぽん屋さんがありました。
(もちろん秋田で)
いつもこんでいてせまーいお店でいかにもがんこそうなおじさんと
弟子の若い人がせっせと鍋をふっていました。
3人前(もしかしたら大人2人と子供1人分だったのかな)と
頼むとでっかいすり鉢みたいな入れ物にはいってでーんと登場。
それをどんぶり大のすり鉢みたいな入れ物に取り分けて食べるのです。
もちろん一人分も頼めます。
はじめてラーメン丼ぐらいの大きさの器で一人前を食べたときは
なんだか大人になったような気がしたっけ。
今日のちゃんぽんと大きく違うところは生卵がのっていたこと。
がんこそうなおじさんが隠居したとか?なくなったとか?お店がきれいになったとか・・・。
久々にすり鉢でちゃんぽんが食べたい。

|

« 白玉屋新三郎 黒胡麻 | トップページ | りんごのしっとりケーキと生春巻きのそば寿司 »

「おいしいごはん」カテゴリの記事

コメント

なつかしいね。ちゃんぽん。
味すっかり忘れちゃったな。

投稿: レオ | 2006.04.23 14:48

ちゃんぽんの味忘れちゃったの。
しょうがないな、思い出すために行きますか?九州(笑)

投稿: じゃむ | 2006.04.23 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/1482361

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇州林 長崎ちゃんぽん:

« 白玉屋新三郎 黒胡麻 | トップページ | りんごのしっとりケーキと生春巻きのそば寿司 »